吉川恒夫(よしかわ つねお)のホームページ


Click here for English version.


「古典制御論」(コロナ社,2014,旧版(昭晃堂,2004)と同内容)に、読者の方から新たに7項目の誤りをご連絡いただきましたので、正誤表を更新しました。コロナ社のホームページに掲載された新しい正誤表を再掲しますのでご参照ください。(2016年7月19日)

「古典制御論」(コロナ社,2014,旧版(昭晃堂,2004)と同内容)の初版第2刷の発行(2015年8月10日)に際して、5項目の誤り訂正を行いました。コロナ社のホームページに掲載されている正誤表を再掲しますのでご参照ください。

「現代制御論」(コロナ社,2014,旧版(昭晃堂,1994)と同内容)の初版第2刷の発行(2015年7月15日)に際して、7項目の誤り訂正を行いました。コロナ社のホームページに掲載されている正誤表を再掲しますのでご参照ください。

「古典制御論」(昭晃堂,2004)と「現代制御論」(吉川,井村著,昭晃堂,1994)が,昭晃堂の解散に伴い,2014年9月からはコロナ社より継続して出版されることになりました. 「ロボット制御基礎論」(コロナ社,1988)」とともに,制御3部作として読んでいただければと考えています.
「現代制御論」(吉川,井村著,コロナ社,2014,旧版(昭晃堂,1994)と同内容),および 「古典制御論」(コロナ社,2014,旧版(昭晃堂,2004)と同内容)をご参照ください.

吉川恒夫は2013年4月1日をもって 立命館大学 総合科学技術研究機構 上席研究員に着任しました. 連絡先はこれまでと変わりなく下記のとおりですので,よろしくお願いいたします.

連絡先:
〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学 総合科学技術研究機構 上席研究員
電話:077-561-5919
E-mail: yoshikaw[at]is.ritsumei.ac.jp

略歴:
1941年生まれ.1964年京都大学工学部精密工学科卒業,1969年同大学大学院 工学研究科博士課程修了,同大学工学部助手,1970年同助教授,1986年同教授(オートメーション研究施設,1989ー1991年応用システム科学専攻,1991年ー1994年機械工学科),1994年改組により同大学 大学院工学研究科 機械工学専攻教授,2005年退職.2005年立命館大学 情報理工学部 知能情報学科教授,2012年立命館大学 総合科学技術研究機構 チェアプロフェッサー,2013年 立命館大学 総合科学技術研究機構 上席研究員,現在に至る.その間1973ー1975年米国NASAマーシャル宇宙飛行センターNRC準研究員.研究分野は知能ロボティクス,メカトロニクス,制御工学.
 1975,1985,1991年度計測自動制御学会論文賞,1982,1991,1998年度システム制御情報学会論文賞,2000年度日本バーチャルリアリティ学会論文賞,2005年度ファナックFAロボット財団論文賞特別賞, 1995年度JDSMC Best Paper Award (米国機械学会 Dynamic Systems and Control Division から),1997年度 ICRA Best Conference Paper Award (米国IEEE学会から),2008年 IEEE RO-MAN Best Paper Award Finalist (RO-MAN2007組織委員会から)受賞.1998年度 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 功績賞受賞.
 主な著書は,"Foundations of Robotics" (MIT Press, 1990), "Large-Scale Systems Control and Decision Making"(Dekker, 1990,共著,H. Tamura and T. Yoshikawa編), 「ロボット制御基礎論」(コロナ社,1988) 「現代制御論」(吉川,井村著,コロナ社,2014,旧版(昭晃堂,1994)と同内容) 「古典制御論」(コロナ社,2014,旧版(昭晃堂,2004)と同内容)
 日本ロボット学会の名誉会員(2003-2005会長), 米国IEEE学会のFellow.

これまでの研究テーマ:
知能ロボットを代表例とする先端メカトロニクス分野の種々のテーマについて理論的ならびに実験的な研究を行っている.具体的には以下のようなテーマのもとに研究を行っている.
 (1)ロボットハンドによる技能作業:
ロボットハンドを用いて,各種の技能作業を自動的に行えるようにするにはどうすればよいかを研究している.特に柔軟表皮をもつロボットハンドによる確実な把持と操りの実現を目指している.
 (2)ロボットの歩行技能:
2足歩行のより柔軟な実現を目指すとともに,必要なエネルギーの少ない歩行を実現するにはどうすればよいかを研究している.
 (3)人間の運動知能の観察と理解:
人間作業者は技能作業をすることはできても,その作業をどのようにして行っているかを正確に説明できない場合が多い.そこで力覚人工現実感技術を用いて仮想空間で作業をしてもらい,その技能の観察データをもとに人間の技能の理解を目指す.
 (4)移動ロボットの知的行動:
アームを備えた車輪形移動ロボットの,移動機能とアーム作業機能を統合した知的行動を行うための基礎的研究を行う.また仮想触地図を用いた視覚障害者自立歩行支援のための移動ロボットシステムの研究を行っている.